インドとベトナムが防衛、石油化学、原子力など7つの協定に署名【南シナ海と中印国境紛争】

中国の拡張に面するインドとベトナムが防衛、石油化学、原子力などの分野での協力に関する7つの協定に署名。日本にとっても大きな動き。両国はこの地域での中国の拡張的な行動に悩まされていた。インドはラダックで実際の支配線(LAC)の中国との軍事的対立にあり、ベトナムは南シナ海の排他的経済水域内で中国の主張との違いが鮮明化している。ナレンドラ・モディ首相は、ベトナムのグエン・スアン・フック首相とのバーチャルサミットに参加し、ベトナムを「インドの東方政策の重要な柱であり、インド太平洋のビジョンの重要な同盟国」と表現。
 インドとベトナムは、防衛、石油化学、原子力などの分野での協力に関する7つの協定に署名し、地域全体での中国の積極的な行動に対する両国の懸念を背景に、平和と繁栄のための共同ビジョンを発表。
モディ氏は「私たちはベトナムとの関係を長期的かつ戦略的な観点から見ている。平和、安定、繁栄は、インド太平洋地域における私たちの共通の目標だ。私たちのパートナーシップは、地域の安定と平和の維持に大きく貢献することができる」。フック氏は2016年に二国間関係を包括的な戦略的パートナーシップにアップグレードしたことで、国際問題に関する他者のビジョンと利益に対する信頼と理解が強化されたとした。
 両国が署名した7つの協定は、防衛、原子力、石油化学製品、再生可能エネルギー、癌治療などのさまざまな問題を対象としている。2021年から23年にかけて、共同ビジョン文書と二国間関与のための行動計画を発表。
 インドは現在ベトナム向けの12隻の高速巡視艇に1億ドルの防衛枠を導入している。ベトナム国境警備隊のために建造されているボートは沿岸の安全を強化し違法行為を防ぐことを目的としている。チェンナイにあるラーセン&トゥブロの造船所で5隻の船舶が建造され、残りはインドの会社の監督下でベトナムの港湾都市ハイフォンにあるホンハ造船所で建造される。インドとベトナム、2021年から国連安全保障理事会の非常任理事国。地域的および国際的な問題に関して協力する。
 ベトナムは、南シナ海での北京の積極的な姿勢の時に防衛を強化するために、ブラモス超音速巡航ミサイル(インドとロシアの合弁事業)の購入に関心があると言われている。ベトナムの船員は、水中戦のスキルを磨くためにインドで訓練を受けている。ラージナートシン国防相とベトナムのヌゴザンリッチ将軍は金曜日にビデオ会議を通じて会談を行った。インドとベトナムはデータの共有を可能にし両国による海図の作成を支援するために水路学の分野で協力するための協定に署名した。水路学は、海と海の物理的特徴の測定と記述を扱う。会談の中で、両大臣は、両国間の包括的戦略的パートナーシップの重要な柱である強力なインドとベトナムの防衛協力を再確認した。
インドとベトナムの関係。ハノイでジャワハルラールネルー首相とホーチミン大統領が1954年に会談している。インドは、ベトナム戦争中の米国の行動を強く非難し、カンボジア・ベトナム戦争中にベトナムを支援した数少ない非共産主義国の1つ。1992年、インドとベトナムは、石油探査、農業、製造を含む広範な経済関係を確立。特に防衛関係は、インドのルックイースト政策から多大な恩恵を受けた。二国間軍事協力には、軍事装備の販売、情報の共有、合同海軍演習、対反乱作戦および森林戦の訓練が含まれる。インドはベトナム海への親善訪問のために定期的に軍艦を配備している。
 インドはベトナムのフランスからの独立を支持し、ベトナム戦争へのアメリカの関与に反対し、ベトナムの統一を支持した。ベトナム戦争中、インドは南部に対して軍事的敵対行為を行ったわけではないが、北部を支援した。これは、公式の宣戦布告を出さなくても、南部を強く支持し、北部との軍事紛争に従事した米国の政策とは対照的である。インドと北ベトナムは1972年に公式の外交関係を樹立し、それ以来、中華人民共和国とのベトナムの敵対関係をきっかけに、友好関係を維持してきた。
 インドは1975年にベトナムに「最恵国待遇」の地位を与え、両国は1978年に二国間貿易協定に署名し、1997年3月8日に二国間投資促進保護協定(BIPPA)に署名した。ベトナムのインドへの輸出は、農産物、手工芸品、テキスタイル、電子機器など。2001年から2006年の間に、二国間貿易の量は年率20-30%で拡大し、2006年までに10億米ドルに達した。インドとベトナムはまた、それぞれの国の宇宙プログラムの情報技術、教育、協力における協力を拡大している。観光を強化するために、直接航空リンクと緩いビザ規制が確立されている。
 中国は、特に南沙諸島や、インドが現在ベトナムの一部として認識している他の近隣の島嶼の政治的地位の争いについてベトナム海域での石油探査に対するインドの協力について不満を述べている。2000年1月、インド国防相のジョージフェルナンデスは、ベトナムとの新たな政治的関係を呼びかけ、ベトナムをインドの最も信頼できる友人であり同盟国であると述べた。彼はインドがカムラン湾の海軍および空軍基地へのアクセスを通じて南シナ海で海軍の存在感を高めるべきであり、インドがベトナムに訓練と高度な兵器を提供すべきであると提案した。
 2016年9月2日、ベトナムへの訪問中に、インドのナレンドラ・モディ首相は、防衛機器の調達のための5億米ドルの新しい融資枠を発表した。インドは、ベトナムが水域をパトロールできるようにする4隻の大型巡視船をベトナムに販売しており、ベトナムはBrahMos短距離巡航ミサイルの購入にも関心を持っているのは指摘の通り。
 インドは、中国を監視するための情報収集のために、ベトナム南部にインド宇宙研究機関による衛星追跡および画像センターを設置。インド軍はベトナムの軍人が国連平和維持軍で働くための訓練を提供した。

 国際政治においては、公表できない水面下の情報はいくらでもある。公表されている重要な情報もいくらでもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください