慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスでインドや日印の連続講義が始まった

日印ラボのHPによると「インドは、長い歴史と文明、また民族、文化、宗教、食、気候などの多様性によって特徴付けられます。この10年間で、日本とインドの関係はかつてないほどの速さで進展してきました。今後、日印関係を深めるためには、人的な交流、特に若い世代の交流をさらに増やすことが必要です。そのために本ラボは関連する大学、研究機関との協力のもとに重要な役割を果たしていきます。」とのこと。ラジブ・ショウ教授を中心に様々な分野の専門家が今のインドや日印のトピックを考える。大学教育の場でもインドへの関心が高まっている。オンラインでのスタート。

Experts in various fields, centering on Professor Rajib Shaw, will consider the topics of India and Japan today. Interest in India is also increasing in the field of university education. Start online.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください