北のバッタ、そして南にはサイクロン、コロナ禍の中で容赦なく自然の猛威が訪れる

ベンガル湾に21年来のスーパーサイクロンが発生しバングラデシュやインドに向かっている。スーパーサイクロン・アンパン(Amphan)。2020年5月20日にも上陸する見込み。日本時間18日(月)18時時点のアンパンの中心気圧は925hPa、最大風速は64m/s。雲がベンガル湾のほぼ全域を覆っている。ベンガル湾では1999年のオリッサ・サイクロンが1万人の犠牲者を出した。ベンガル湾で危険な熱帯低気圧が発生する。犠牲者の上位36個の熱帯低気圧のうち26個がベンガル湾で発生している。1970年のサイクロン・ボラは50万人の犠牲者を出した。1999年のサイクロンは勢力を緩めず「スーパーサイクロン」のまま上陸した。バングラデシュの国土の50%は海抜7メートル以下。インドからインドシナ半島にかけて逆Vの字型の海岸線が高潮や高波の危険を増す。
 多くの人々がサイクロン・シェルターに避難すれば、社会的距離を維持するのが困難になる。マスク、消毒剤、石鹸は足りるのか。混乱と混雑を避ける為に食糧は配布されない。

 惨事にならなければよいが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください