【読書案内】流水りんこのインド占星術は深いぞ~!  流水りんこ | 著者が「マンガ家になって35年最も苦労した本」と。

インドの、しかも占星術を、真面目に、たのしくわかるように紹介したことの功績は大きいと思います。画も、構成も、文章表現も、取材もご自分でやっておられるわけですから。著者が「マンガ家になって35年最も苦労した本」というのもわかります。先生との出会い、占星術の基礎知識、占われる側の視点が、うまく絡みあって、蓮の花という最終的なメッセージにたどり着く。マンガのトーンもいろいろ貼ってあって楽しめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください