中国を念頭に軍事連携強化で協定締結【アメリカとインドが成果満載の2+2】

2020年10月、外務・防衛担当閣僚協議のため印ニューデリーの空港に到着したポンペオ米国務長官。情報共有を拡大し、防衛協力を一層進めるインドとの協定に調印した。インド太平洋地域で軍事活動を先鋭化させる中国へのけん制狙う。米国のエスパー国防長官とインドのシン国防相がニューデリーで記者会見に臨み協定調印を発表した。エスパー長官「共有する価値観と利益に基づき、自由な開かれたインド太平洋地域を支えるため共に立つ」。シン国防相「国際海域における法治と自由な航行に関する双方の現在の決意をさらに深める」
 共同声明は、米国が地理空間上の諜報をインドに提供し国境周辺で自国の兵器システムの命中精度を向上し得る可能性も示唆した。インドと米国は、インド洋で両国海軍の共同演習「マラバール」を実施する予定。日本とオーストラリアも加わる。

 2+2。アメリカとインドで3回目となる外務・防衛の閣僚協議。両国はすでに軍どうしが食料や燃料などを相互に提供できるようにしたり、基地の使用を認めたりする協定を結んでいる。中国を念頭に、軍事面での連携をより一層強化した形だ。
 ワクチン、治療薬、診断薬、人工呼吸器、その他の不可欠な医療機器の開発における協力も強化する。研究開発への二国間関与とワクチンおよび治療薬の大量生産。インドは、米国国際開発庁(USAID)がインド赤十字社に提供した200台の人工呼吸器に感謝の意を表した。困難な時期に、インドが個人用保護具(PPE)、必須医薬品、および治療薬を米国に輸出したことに感謝の意。米国保健社会福祉省(HHS)とインドの保健家族福祉省との間で、健康緊急事態およびパンデミックを含む健康協力を強化するための包括的なMoU。
国立アレルギー感染症研究所(NIAD / NIH)とインド医学研究評議会(ICMR)は、COVID-19やその他の新たな脅威を含む感染症に焦点を当てた国際研究センターを通じて協力している。
 USAIDとインドの開発パートナーシップ管理局(DPA)との間のさらなる協力。インドに米国国際開発金融協力(DFC)。2020年10月28日から29日に第2回インド太平洋ビジネスフォーラム(IPBF)が開催された。
 アフガニスタン和平プロセスへでは、主権、平和、統一、民主的、包括的、安定的かつ安全なアフガニスタンを促進することが共通の関心。インドの開発援助と、アフガニスタンが長期にわたって成長と開発を維持するために地域の接続性を強化する。
 米国は、2021年から2022年までの国連安全保障理事会(UNSC)の非常任理事国としてインドを歓迎。インドの原子力供給国グループ(NSG)への早期参入に対する継続的な強力な支持を再確認した。
 最初の米印防衛枠組み協定の15周年に留意し、米国とインドの間の包括的で回復力のある多面的な主要防衛パートナーシップ(MDP)となったものを賞賛。基本交換協力協定(BECA)の署名の重要なステップ。海軍間の海事情報共有と海事領域の認識の強化。インド軍と米国中央軍およびアフリカ軍との間の協力の強化。米国は、インド洋地域の情報融合センター(IFC-IOR)の設立におけるインドのリーダーシップを高く評価。
 海軍、陸軍間の安全なテレビ会議機能を含む安全な通信機能の拡張を含む、ロジスティクス交換覚書(LEMOA)および通信、互換性およびセキュリティ協定(COMCASA)の実施における進行中の進展に満足を表明した。米国とインドの特殊部隊間の相互作用を歓迎。
 2020年11月にベンガル湾とアラビア海で開催される予定の日米マラバール海軍演習にオーストラリア海軍が参加することを歓迎。両国の海軍によって実施されたPASSEXを歓迎。2021年にトライサービス水陸両用TIGER TRIUMPHHADR演習と陸軍演習YUDHABHYASとVAJRAPRAHAR。米国はインド太平洋陸軍長官会議(IPACC)のインドの共催を歓迎。
 防衛革新における協力の重要性を認識し、2020年7月のインド防衛革新機構(DIO-iDEX)と米国防衛革新ユニット(DIU)の間の最初の会議を歓迎。
 米印ガスタスクフォースの下での進展と業界主導のプロジェクトの立ち上げを高く評価。戦略的石油備蓄(SPR)の分野での協力を強化。歴史的な米印原子力協定を想起し、閣僚は、インド原子力発電公社(NPCIL)とウェスティングハウスエレクトリックカンパニー(WEC)の間で、コブバダに6基の原子炉を建設するというプロジェクト責任原則を歓迎。インドの核エネルギーパートナーシップグローバルセンター(GCNEP)との協力に関する米国政府とインド政府との間のMoUの延長を歓迎。インド対テロ合同作業部会および2020年9月9-10日の米印指定対話の第3回会合。あらゆる形態の国境を越えたテロを強く非難した。彼らは、アルカイダ、ISIS / Daesh、Lashkar-e-Tayyiba(LeT)、Jaish-e-Mohammad(JeM)、Hizb-ul-Mujahideenを含むすべてのテロリストネットワークに対する協調行動の必要性を強調した。パキスタンに対し、その支配下にある領土がテロ攻撃に使用されないことを確実にし、26/11ムンバイ、ウリを含むすべてのそのような攻撃の加害者および計画者を迅速に裁判にかけるために、即時の持続的かつ不可逆的な行動を取るよう求めた。国連国際テロリズム包括条約(CCIT)の早期採択への支持を再確認した。
 トランプ大統領が新しい米印麻薬対策作業部会を設立するためにインドを訪問した際に発表された発表を考慮して、米国とインドの麻薬および法執行機関間の協力を強化する。2020年10月1日に米印情報通信技術(ICT)作業部会が仮想的に開催されることを歓迎。オープンで信頼性が高く安全なインターネットに対するコミットメントを再確認した。業界と学界の間の協力を促進し、5Gネットワ??クを含む新しいICT技術の展開に関連するリスクを独自に評価する。
 2020年9月15日に毎年恒例の米印サイバー対話が開催され、2020年9月17日に最初の米印防衛サイバー対話が開催されたことを歓迎。宇宙科学と衛星アプリケーションにおける自国の誇り高い業績を想起し、NASA-ISRO合成開口レーダー(NASA-ISRO合成開口レーダー()を含む)とインド宇宙研究機関(ISRO)との間の継続的な協力を称賛。米印宇宙対話を継続する。潜在的な宇宙防衛協力の分野に関する議論を表明。
 米国の海洋大気管理局とインドの地球科学省との間で、地球観測と地球科学における技術協力に関する覚書(MoU)に署名。地域および世界の気象の起源についての理解を深めることを歓迎。インド洋と、気象学、海洋学、および生きている海洋資源の管理における共通の研究目標の推進。米国郵政公社とインドの郵便局との間で、郵便輸送に関連する税関データの電子交換を容易にする協定の署名。米国の癌補完代替医療局との間の同意書(LoI)の署名を称賛。
 インド系アメリカ人の起業家精神を称賛し、人と人とのつながりの重要な役割を認識。ビザを含む相互の懸念事項、および結婚、養子縁組、子の監護権に関連する家族の問題について話し合う。米国におけるインド人学生の増加を歓迎し、教育関係を拡大し、起業家精神と科学的革新を促進する。両国の学術機関間の協力強化への道を開くインドの国家教育政策(NEP)2020を歓迎した。米印教育パートナーシップをさらに前進させる。専門家の交流を促進する上でのフルブライト・ネループログラムの長年にわたる貴重な貢献を評価しプログラムの70周年を祝った。

 充実した内容の2+2。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください