オリンピック バドミントン ボクシング

PVシンドゥはPusarla Venkata Sindhu(1995年7月5日生まれ)。インドのプロバドミントン選手。プサルラはオリンピックを含む複数のトーナメントでメダルを獲得し、2019年世界選手権で金メダルを獲得した。バドミントン世界チャンピオンになった最初のインド人。オリンピックの銀メダルを獲得した最初のインド人女性。

フォーブスの2018年と2019年の最高賃金の女性アスリート。スポーツの栄誉であるラジブ・ガンジー・ケルラトナの受賞者。最高の民間人賞、パドマシュリ。2020年1月にインドで3番目に高い民間人賞であるパドマブーシャンを受賞。

ハイデラバードで生まれ、両親は両方とも全国レベルのバレーボール選手でした。父、ラマナは、スポーツへの貢献により、2000年にアルジュナ賞を受賞した。本人もインド政府からアルジュナ賞を受賞。2013年。2015年に疲労骨折で6か月近くプレーできなくなった。2016年のリオオリンピックに出場。プサルラは、準決勝で日本のスター奥原と対戦し、ストレートセットで勝利し、表彰台を獲得した。結果、プサルラは銀メダルを獲得した。インドを代表するオリンピック銀メダルを獲得した最年少で最初の女性個人。世界選手権、奥原との決勝戦に勝利。金メダルを獲得した最初のインド人にななった。

 

メアリーコムは女性のアマチュアボクシング選手。Mangte Chungneijang Mary Kom(1982年11月24日生まれ)。政治家であり、現職の国会議員である。世界アマチュアボクシング選手権で6回優勝した唯一の女性。7つの世界選手権のそれぞれでメダルを獲得した唯一の女性ボクサー。2016年4月25日、インドの大統領は、インドの国会の上院であるラジャサバのメンバーとしてコムを指名した。コムが現在住んでいるインパール西地区の国立ゲーム村に通じる道路は、MCメアリーコムロードと名付けられると宣言されている。2020年にインドで2番目に高い民間人賞であるパドマビブーシャンを受賞した。

Komは、インドのマニプール地方のChurachandpur地区にあるMoirangLamkhaiのKangathei村で生まれた。貧しい家。両親は畑で働いていた小作人。コムは両親の農場関連の雑用を手伝い、学校に通い、最初は陸上競技を学び、その後はボクシングを同時に学んだ。コムの父親は若い頃は熱心なレスラー。彼女はクリスチャンの出身でバプテスト家族。ボクシングがコムの顔を傷つけ、結婚のチャンスを損なうのではないかと心配していたため、元レスラーである父親の秘密に興味を持っていた。

オリンピックの銅メダルを獲得し、マニプール政府は2012年8月9日に開催された内閣会議で彼女に50ルピーと2エーカーの土地を与えた。2016年のリオオリンピックで参加資格を得ることができなかった。東京オリンピックではモディ首相が激励した。映画化もされている。

他にも注目選手は多い。