東京五輪 アーチェリー レスリング テニス

東京オリンピックでのインド:アーチャーのディーピカー・クマリ、アタヌ・ダスが東京でトレーニングを開始。インディラガンディー国際空港での公式見送りの後、7月17日にニューデリーから東京に向けて出発したインドの派遣団は、無事に日本に到着し、オリンピック村にチェックインした。88人のアスリート全員が空港でCovid-19検査を受け、陰性であることが判明した。アーチェリーは、来たる東京オリンピックで、男子個人、女子個人、男子チーム、女子チーム、混合チームの5つのイベントを主催。イベントは7月23日から始まり、7月31日まで夢の島公園アーチェリーフィールドで開催される。アーチェリーは、インドがオリンピックでまだメダルを獲得していないイベントの1つ。選手全員が以前の大会で好成績を収めて大会に出場するため期待が高まる。

#アーチェリーのディーピカ・クマリ

ディーピカー・クマリ・マハト(1994年6月13日生まれ)は、インドのプロのアーチャー。世界一にランク。2012年にインドのプラナブムカルジー大統領から、インドで2番目に高いスポーツ賞であるアルジュナ賞を授与された。2016年にパドマシュリ勲章。父は人力車ドライバー、母親ギータは看護師。石でマンゴーを狙ってアーチェリーを練習。両親がディーピカの夢を財政的に支援することは困難でディーピカは自家製の竹の弓と矢を使ってアーチェリーを練習した。いとこが彼女の才能を伸ばすのを助けました。ディーピカは2020年6月30日に射手アタヌダスと結婚。ディーピカー・クマリは、2016年のリオオリンピックに出場したチームの一員。伝記ドキュメンタリーが2017年にリリース。ロンドン独立映画祭で優勝。レディースファーストはオスカーのショートドキュメンタリー部門にも。ドキュメンタリーは、インドのスポーツにおける女性についての国民の意識を高めることを目的として女性子供開発省の連邦閣僚であるマネカ・ガンジーによっても上映された。

#レスリングのビネシュ・フォガット

ビネシュ・フォガットは2016年アルジュナ賞を受賞。フリースタイルレスリング(1994年8月25日生まれ)。いとこであるギータ・フォガットとバビタ・クマリは、国際的なレスラー。連邦とアジアの両方のゲームで金メダルを獲得した最初のインドの女性レスラー。入江ゆき、登坂絵莉、入江ななみがライバル。

#テニスのサニア・ミルザ

サニア・ミルザはテニス選手。元ダブルス世界一。2007年半ばに世界第27位にピークを迎えたが手首に大きな怪我を負ったため、シングルスでのキャリアを放棄し、ダブルスサーキットに集中する。ミルザは2005年10月にタイムによって「アジアの50人の英雄」の1人に選ばれた。

日本の選手を応援するのとは違うオリンピックの楽しみ方。