やり投げ優勝【棒武術】

日本のスポーツは何ですかと答えて、相撲、柔道、剣道。剣道は剣の戦い。竹刀では大けがをしないことになっている。棒術の一種にも見えるのかもしれない。ネットで議論した。

インド陸上で初の金メダルは男子やり投げだった。23歳のチョプラ選手が表彰式で、金メダルを手に笑顔を見せた。ニーラージ・チョプラ選手は1回目から87メートル台を連発。メダル自体もインド陸上界では121年ぶり。「自分にも国にも誇らしい瞬間だ」。やり投げは飛ばしすぎが他の協議を妨げたこともある。104メートル80の気ロックでルール改正のきっかけとなった幻の世界記録保持者ウベ・ホーン氏がコーチ。ボリウッド男優を思わせるフェイスと上半身の筋肉。倒れこまないぎりぎりの投法とスケール感が印象的。

 

ラティLathiはインドの植民地時代からの取り締まり兵器。新しい国籍法に対するインドの抗議が激化するにつれて、警察は「lathis」を使用した。英国植民地時代から異議を唱え、叩き、鎮圧するために使用された頑丈な棒。時には致命的な影響を及ぼす。抗議行動で、主に弾丸で少なくとも27人が死亡したが、デモ隊と機動隊が竹の杖を振るう衝突で数百人が負傷した。5〜6フィート(1.5〜1.8メートル)の丈夫な竹やプラスチックでできたラティからの打撃を経験した人は、それが何日も続くしびれ感を残すと言う。骨を折ったり、殺したりすることもある。非営利の権利団体である市民的自由のための人民連合(PUCL)の事務局長であるV. Sureshは、「群衆を規制する手段として使用されることから、ラティは致命的な武器に変わった」と述べている(AFP)。「ラティは普通のように見えるが恐ろしい武器だ。残忍な使用を正当化するものは何もない」。

貧しい農民に対する封建的な地主によって使用され権力と権威の象徴となった。イギリスが19世紀後半から20世紀初頭に非暴力の独立運動を妨害するために使用。武器は恐怖と畏怖を引き起こした。英国人は腹を攻撃する「ジャブ」や首と頭への打撃を意味する「切断」などのコマンドを含むラティガイドラインを思いついた。「ラティはイギリスの植民地支配の遺産」と、アリーガルムスリム大学の歴史の助教授であるSyed AliKazim。イギリス軍は1947年に去ったが、ラティは治安部隊のためだけでなく、使用され続けた。
ナレンドラ・モディ首相のヒンドゥー民族主義者であるインド人民党の軍事的親組織であるRashtriya Swayamsevak Sangh(RSS)は、早朝の訓練でlathisを使用している。杖を浸し、乾燥させてから、オイルを塗布。処理プロセスを経て、致命的な武器になる。先端に鉄や鋼をつけるとさらに致死力があがる。

 

警策は坐禅のとき、修行者の肩ないし背中を打つための棒を指す。警覚策励の略。曹洞宗では「きょうさく」、臨済宗では「けいさく」と読む。長さは宗派によって異なるが、一般的に持ち手は円柱状で、先端に行くにしたがって扁平状となる。材質は多くが樫や栗。打つ側は「警策を与える」、打たれる側は「警策をいただく」という言い方をする。

シランバッタムSilambattamは、2008年のインドのタミル語のマサラ映画。商業的な大ヒットとなった。

シランバム「Silambattam」は南インドで生まれた武器ベースのインドの武道。紀元前4世紀から実践されてきた。丘を意味するタミル語のsilamに由来。シランバンブという用語は、現在のケララ州のクリンジマーラ(クリンジの丘)からの特定の種類の竹を指す。シランバムはその主要な武器である竹の杖にちなんで名付けられた。以前は護身術やクリンジの丘で動物を追い払うために使用され、後に現在の武道に進化した可能性がある。竹、剣、真珠、鎧は、外国の商人から大きな需要があった。シランバムが普及した古代都市マドゥライ。シランバムは、エジプト人、ギリシャ人、ローマ人に買収され、中東、ヨーロッパ、北アフリカに広がった。イギリスの入植者がシランバムを禁止し、伝統的な武器よりも銃器を好む現代の軍事訓練を推進した後、インドの武道の慣行は衰退した。戦いの基盤として準備のボディコンディショニング。柔軟性、敏捷性、手と目の協調、運動感覚の認識、バランス、強さ、速度、筋肉と心臓血管のスタミナの改善が含まれる。

竹の長さは施術者の身長によって異なる。理想的には、頭から約3本の指で額に触れる程度で通常は約1.68メートル(5フィート半)の大きさ。チークやインディアンローズ栗の木で作られていることもある。流水の表面で叩くことによって強化される。端が損傷するのを防ぐために、金属リングが付いていることがある。

大衆文化では1950年代と1960年代の多くのMGRamachandran(MGR)映画では、MGRは、20世紀にこれらの古代の武道を普及させるために、シランバンの戦闘シーンを取り入れていた。MGR自身がシランバムの戦いの実践者。

 

アディムライはインド最南端の現代のカニャクマリを起源とするインドの武道。タミルナードゥ州のカニャクマリ地区とケララ州南東部の近隣地域で行われていた。Adimuraiは、adiがタミル語で「叩くまたは叩く」を意味し、ムライは方法または手順を意味する。

 

ラスマーホーリーLathmar Holiは「棒のホーリー」を意味するヒンドゥー教の祭り。BarsanaとNandgaon。ホーリー祭の期間中、毎年何千人もの信者や観光客がナンドゲーアンとバルサナを訪れ、ラスマーホーリーの一部になる。伝説によると、ナンガオンの住人であったクリシュナは、ホーリーの日に彼らをからかうために彼の最愛のラダと彼女の友人に色をスプレーしたかった。しかし、クリシュナと彼の友人たちがバルサナに入ると、彼らをバルサナから追い出したラダと彼女の友人たちから、棒でふざけて迎えられた。毎年、ナンダガオンの男性はホーリーの時期にバルサナを訪れ、男性に棒(別名ラティ)をふざけて投げつける女性に迎えられる。

 

ヴァラリはValariは木製や鉄製の武器。タミル人。牛を捕食者から保護するため、そして戦争や狩猟のために使用されるl。アボリジニのオーストラリア人の狩猟ブーメランと同様に特別な空気力学でターゲットに当たるためにわずかに湾曲して飛行するように設計されている。一端は薄くて先細りで、もう1つは丸みを帯びてハンドルを形成する。鋳鉄で作られる。木製の手足に鉄が付いていたり、致命的に鋭いエッジが付いているものもある。投げるときにスピンが与えられ、空を飛んでいる間、縦軸、横軸で回転する場合もあれば、回転せずに飛ぶ場合もある。タミルナードゥの人々によって戦争と狩猟のために使用されたが、潜在的な戦争の武器であると思ったイギリス人はほとんどのヴァラリを破壊した。

 

お遍路さんの棒。投げたり、叩いたり、突いたり。人間はどこでも棒を持つと喜ぶ。