三代の名門の元ミスワールドのインド人女優アイシュワリヤー・ラーイが8歳の娘と新型コロナ感染。

三代感染の名門、名優アミターブ・バッチャンの義理の娘は元ミス・ワールドのインド人女優アイシュワリヤー・ラーイで8歳の娘と新型コロナ感染。

新型コロナに感染したのは女優アイシュワリヤー・ラーイ。ボリウッド映画『ロボット』などに出演しインド型美人の代表。元ミス・ワールド。8歳の娘アラダちゃんと共に感染したと夫のアビシェク・バッチャンがTwitterで明らかにした。アビシェクとその父の俳優のアミターブ・バッチャンの感染は既報。

 アイシュワリヤー・ラーイは、1994年開催のミス・ワールド。「世界で最も美しい女性」の一人とも言われる。『ジーンズ/世界は2人のために』(1998)、『ミモラ~心のままに』(1999)、『ピンクパンサー2』(2009)など。『ロボット』シリーズも知られる。1973年11月1日生まれ(46歳)。ニックネームはAsh(アイシュ)。インド南部のカルナタカ州マンガロール生まれ。子供の頃からモデルとして活躍。美貌とセクシーなダンスで世界に知られロレアルのイメージキャラクターをつとめる。母語であるトゥル語のほかに、英語、ヒンディー語、カンナダ語、タミル語、マラーティー語などの言語を話すことができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください