【読書案内】『13億人のトイレ 下から見た経済大国インド』 (角川新書) 佐藤 大介著|排泄は人間の生存と社会生活に直結する深いテーマ。価値のある本だと思う。

排泄は人間の生存と社会生活に直結する深いテーマ。摂食があれば排泄はある。病原菌はあるから、遠ざけるための社会のコードが生まれる。それが浄と不浄。不可触が残るインドだからこその取材が生きる。なぜトイレがそれほど大事なのかが「下から」だけでなく様々な角度から描かれている。知らなかった話もあり勉強になった。価値のある本だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください