ムカルジー前大統領は(84歳)はどんな人【レイプ犯の罰則を強化したベンガル人初の大統領】

脳の手術を受けたインドの元大統領の健康状態は、肺感染のためさらに悪化したと病院。その後、少し回復しているとも伝えられている。手術の前に新型コロナへの感染が確認されている。

インドのムカルジー(ムカジーとも)前大統領(84)が新型コロナウイルス感染症にかかったと2020年8月11日、インドのメディアが伝えた。ニューデリーの軍の病院に入院し人工呼吸器を装着している状態という。ムカジー氏は10日、ツイッターに、別件で病院を受診した際、新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出たと投稿。「過去1週間に私に接触した人は隔離措置を取り検査を受けてほしい」と述べた。

プラナブ・クマール・ムカルジーは、インドの13代大統領(2012年7月-2017年7月)。国民会議派所属。英領インド帝国ベンガル(現在の西ベンガル州)に生まれた。ベンガル人としては初のインド大統領。

 ムカルジー大統領は、レイプ犯罪の罰則を強化する大統領令に署名した。最高罰則を死刑とする法律が成立。

 2013年11月の天皇皇后両陛下の53年ぶりのインド訪問で明仁天皇と美智子皇后両陛下を迎えた。

 高齢なので心配される。

 続きはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください