新型コロナ300万人に迫るインドで何が?【感染者よりも回復者が多く検査も一日90万、一方で医師の死亡、借金、質入れ、若者失業、土地売却、食べない日もある苦しい生活】

410万人の若者がCOVID-19の影響によりインドで失業というILO-ADBレポートが出た。2020年8月18日、国際労働機関(ILO)とアジア開発銀行(ADB)の共同レポートによると国内の410万人もの若者がCOVID-19の大流行により失業の見通し。建設労働者と農業部門の労働者が失業の大半を占める。若年層(15ー24歳)は成人(25歳以上)よりも大きな打撃を受けより長期的な経済的および社会的コストを負担するリスクがあると報告書。インドではパンデミックの間、企業レベルの実習生の3分の2とインターンシップの4分の3が完全に中断された。報告書は、地域の政府に対し、若者向けの雇用を創出し、教育と訓練を軌道に乗せ、地域の6億6千万人を超える若者の悪影響を最小限に抑えるため緊急かつ大規模で的を絞った対策を求めている。
 COVID-19危機の前からアジア太平洋地域の若者は労働市場での課題に直面し高い失業率と、学校と職場の両方から除外された若者が問題になっていた。2019年、地域の若者の失業率は13.8%、大人の場合は3%。1億6千万人以上の若者(人口の24%)が雇用、教育、または訓練を受けていなかった。地域の若年労働者の5人に4人は非正規雇用に従事し、4人に1人の若年労働者は極度または中程度の貧困状態で生活していた。「ロックダウン世代」を生み出すリスクが指摘されている。

 新型コロナで医者約200人が死去し医師会が危機感を示している。2020年8月7日、インドの医師会が、医師の安全確保への懸念が高まっていることを訴える書簡をモディ首相に送付した。新型コロナウイルスに感染し死亡した医師が全国規模で196人に達したという。亡くなった医師の相当部分は一般開業医と説明。高熱や他の症状を抱えて来院する患者の治療にあたり死亡しているという。最多は南部タミルナド州の43人。西部のマハラシュトラ、グジャラート州が23人。

 一方でインドの回復率72.51%に上昇している。

 インドでは回復者の数が200万を超えている。新しい感染よりも毎日の回復者の数の方が多い。
インドでのアクティブなCovid-19症例の数は、1月30日以降に報告されたウイルス感染の総数の25%未満になっている。インドでは約60,000人のCovid-19患者が毎日ウイルス感染から回復しており、1日あたり約55,000人の新しいCovid-19症例が報告されている。回復率の継続的な上昇により、インドの回復率は73.18%、致死率(CFR)は1.92%と低くなっている。入院症例数も減少。ほとんどは家の隔離下でウイルス感染から回復。人工呼吸器をを必要としている人は少ない。ただし高齢者や併存疾患のある患者などのリスクの高い症例はある。政府の目標は、Covid-19関連の死亡の割合を1%以下に抑えること。
 インドは毎日約90万個の綿棒サンプルをテストしている。1月23日、プネの国立ウイルス研究所(ICMR)が最初のテストを実施して以来、3000万人がCovid-19テストを受けた。テストすればするほど、より多くの感染症例を特定できる。当初、陽性率は上昇しているように見えるかもしれないが、徐々に低下する。病気の初期段階で感染者を捕え隔離する。

1月23日に最初の綿棒サンプルが診断されて以来、インドは現在までに30938400のCovid-19テストを実施。陽性率は8.81%。1月23日にプネにあるICMRの米国ウイルス研究所(NIV))から3月23日に160の研究室へと診断ネットワークを拡大。現在、全国に1,470の承認された研究所があり、それぞれ969および501の政府および民間の施設。Covid-19の死亡者数は5万人。アメリカは23日、インドは156日。インド人民党の中枢のアミット・シャー内相は、陽性判明後、いったん退院していいたが、ケアのために再び入院した。

 農村部のインド人の74%は新型コロナ対策を進める政府を支持しているとの調査結果。メディアプラットフォームのGaon Connectionによる調査によると、インドの農村部住民の大半が政府の措置に満足。回答者の約78%は、州政府による措置にも満足と回答。2020年5月30日から7月16日までの間に、合計25,371人の男性の回答者がインタビューを受けた。モディ政権の措置を支持した人々のうち37%は「非常に満足している」と回答し、37%が「やや満足している」。14%以上の回答者がモディ政府に「やや不満」であると述べ、7%は「非常に不満」。ロックダウンが悪かったとの意見は23%。(9%が非常に悪かった、14%が悪かった)。ロックダウンが「厳しすぎる」と回答した回答者は40%、38%は「十分に厳しい」と回答、4%の回答者が、封鎖が行われるべきではなかった。与党のインド人民党の統治州の回答が他の多くの州に比べてモディ政府と州政府による対応に消極的。都市部ということなのかもしれない。
 ただし、ウイルスとの闘いは厳しい。
 調査によるとロックダウン中に約23%の田舎のインド人がお金を借り、8%が貴重な所有物(電話、時計など)を売り、7%が宝飾品、5%が売却または住宅ローンの土地を売った。配給カード所有世帯の71%が、封鎖中に政府から小麦や米を受け取った。配給カードを所有していない17パーセントの市民のうち、政府から小麦や米を受け取ったと答えたのが27パーセント。移住労働者の23%がロックダウン中に帰郷、33%以上の移住労働者が都市に戻って仕事をしたいと述べている。60パーセントの熟練労働者と64パーセントの手作業労働者の仕事が完全に停止した。農村世帯の8分の1は、金銭と資金の不足により、ロックダウン中に一日中食べ物を食べずにいることが多かったと報告している。68%以上の農村部のインディアンは、封鎖中に「高」から「非常に高」の金銭的困難に直面。妊娠中の女性がいる世帯の42%はロックダウン中に妊娠検査と予防接種を受けていなかった
 調査が行われた州は、ラジャスタン州、パンジャブ州、ハリヤーナ州、ヒマーチャルプラデーシュ州、ウッタラーカンド州、ウッタルプラデーシュ州、ビハール州、ジャールカンド州、西ベンガル州、シッキム州、アッサム州、アルナーチャルプラデーシュ州、マニプール、トリプラ州、オディシャ州、ケララ州、マハラシュトラ州、グジャラート州、マディヤプラデーシュ州とチャッティースガル。それにジャンムーとカシミール、ラダック、アンダマンとニコバル諸島。
 中途半端な政府批判などしている場合ではないことを国民も自覚しているし、政府の必死で頑張っているのだろう。

続きはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください