インドで感染者が400万人突破した【上位20か国中で一日の増え方が最悪の日の8割を超える唯一の国】

インドの保健家族福祉省は2020年9月5日、新型コロナウイルスへの感染者が累計402万3179人になったと発表。5日の新規感染者は約8万6千人で伸びは世界最大。厳しいロックダウンに強い効果があり感染者が最初に100万人を超えるまでには半年かかったが、300万人から400万人へは約2週間。アンドラプラデシュ州が約47万人タミルナドゥ州が約45万人、カルナタカ州が約37万人なども地方での新規感染が広がっている。
 6月にロックダウンを解除し経済活動を再開、現在もさらなる緩和を進める方向に向かっている。感染者を検査して対処していく方法で回復率も高いのも事実だが、医療対策が弱い地方では感染そのものが急速に広がっている。

 ブラジル保健省は2020年9月3日、感染者の累計が404万1638人と発表。インドがブラジルを抜くのは確実。

 感染者数のトップ20に入る他の国では毎日の追加数が最大ケースを報告した日をはるかに下回っている。しかしインドが9月3日に報告した3日間の平均は77,387で、これは9月3日に報告された83,883ケースのピークの92.3%。欧州疾病予防管理センター(ECDC)がデータを収集している210の国と地域のうち、この比率はインドで最も高かった。パレスチナ、イスラエル、インドネシア、ヨルダン、パラグアイ、イラクを除いて、過去3日間の平均が1日のピーク症例の80%を超える国は他になく、これらの6か国のどれも、最も影響を受けた20ヶ国に含まれていない。

 人口が多いので感染者数も多くなるのだが、伸び率でも世界最悪になっている状態。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください