【映画案内】『私たちの予感』(2017年)と『恋人たちの予感』(1989)。

『恋人たちの予感』(1989)(原題:When Harry Met Sally…)は、男女が本当の友人になれるのかを描いたアメリカの恋愛映画。インド映画の『私たちの予感』(2017年)は、原題のJab Harry met Sejalも、タイトル邦訳も、ハリーという男性の名前も、男女の距離間も同じ。監督・脚本はイムティヤーズ・アリー。主演はシャー・ルク・カーンとアヌシュカ・シャルマ。シャー・ルク・カーンの映画だから、どうしてもそこが見どころとなってしまうのだが、アヌシュカ・シャルマの笑った時の口元がメグ・ライアンにそっくり。
 ヨーロッパツアーガイドのインド人男性ハリーをインドからの旅行者の女性セージャルが無くした婚約指輪を探す旅に無理やり付き合わせる。ロケ地がヨーロッパで、テーマが30年前のアメリカで、、音楽やダンス、それに143分という長さはインド。新鮮な組み合わせで、わかりやすく見ることができる。ネットフリックスで視聴した。
 アヌシュカ・シャルマは、Instagramのフォロワー数は2020年8月時点で4,000万を超える。夫はクリケット界のスーパースターのヴィラット・コーリ。デビュー作はシャー・ルク・カーンのラブネバナディジョディ。ムンバイでの馬車の禁止を要請。ジェンダーの平等や動物の権利など慈善活動を支援。女性のエンパワーメントでも有名。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください