インドが新たな経済対策【祭と国と病が一体となって進む】

インド政府は2020年10月12日、消費者需要刺激策を発表した。政府職員の一部賃金を前倒し支給。シタラマン財務相「7300億ルピー(99億6000万ドル)の需要が創出されるだろう」。道路・港湾・防衛プロジェクトに追加で2500億ルピー(34億1000万ドル)を支出。期間50年無利子融資1200億ルピーを州政府に提供する。
 政府職員に1万ルピー(約1万4千円)の前払いカードを渡して消費を促す。コロナで低迷する消費を、ディワリに合わせて刺激。1万ルピーは無利子。
 自粛する国とは少し違う。祭と国と疫病が一体となって進む。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください