アメリカ史上初女性副大統領カマラ・ハリス「私が最後ではない」「真実が投票された」

ハリス氏は、障壁を打ち破ることについて話し、2020年の選挙で民主主義自体が支持されたと語った。2020年11月7日土曜日の夜、デラウェア州ウィルミントンで行われた勝利演説。
「こんばんは。かつてジョン・ルイス議員は彼が亡くなる前に、次のように書いています。大切なのは状態ではなく行為。彼が意味したのは、アメリカの民主主義は保証されたものではないということでした。それは、それのために戦い、それを守り、決して当然のこととは思わないという私たちの意欲たあって強くなるものなのです。私たちの民主主義を守るのは簡単なことではなく、犠牲が必要です。しかし、それには喜びがあり、進歩があります。私たち国民には、より良い未来を築く力があるからです。そして、私たちの民主主義自体がこの選挙で投票されました。アメリカの魂が危機に瀕し、世界が注目しているとき、アメリカは新しい日を迎えました。
 私たちのキャンペーンスタッフとボランティアの並外れたチームこれまで以上に多くの人々を民主的なプロセスに参加させました。この勝利を可能にしてくれてありがとう。すべての投票が確実にカウントされるように精力的に取り組んできた全国の人々と選挙当局に、私たちの国は感謝の義務があります。あなたは私たちの民主主義を保護しました。私たちの美しい国を構成するアメリカの人々にあなたの声を聞かせるために記録的な数で参加してくれました。私は、特に過去数ヶ月、困難であったことを知っています。悲しみ、悲哀、痛み、心配と争い。しかし、勇気、回復力、そして精神の寛大さも確認できました。
 4年間、平等と正義のために、私たちの生活のために、私たちの惑星のために行進し、組織しました。そして、あなたは投票し、明確なメッセージを伝えました。あなたは希望、団結、品位、科学、そしてもちろん「真実」を選びました。あなたはアメリカ合衆国の次期大統領としてジョー・バイデンを選んだのです。
 そしてジョーはヒーラーです。団結者。テストされた安定した手。自分自身の喪失の経験が彼に目的意識を与え、国家としての私たちが私たち自身の目的意識を取り戻すのを助ける人。そして、捨てるのが大好きな心の広い男。信じられないほどのファーストレディになるジルへの彼の愛。それはハンターとアシュリーと彼の孫とバイデン家全体に対する彼の愛。ジョーを副大統領として最初に知ったとき、私は彼を、今日ここで覚えている私の親愛なる友人であるボーを愛した父親として本当に知りました。夫のダグ、子供たちのコールとエラ、妹のマヤと家族全員に、私はこれまで表現できなかったほどを愛しています。この素晴らしい旅で私たちの家族を彼らの家族に迎えてくれたジョーとジルにとても感謝しています。
 そして、今日ここにいる私の存在に最も責任のある女性、つまりいつも私たちの心の中にいる母、シャマラ・ゴパラン・ハリスに。彼女が19歳でインドからここに来たとき、彼女はおそらくこの瞬間をまったく想像していなかったでしょう。しかし、彼女はこのような瞬間が可能であるアメリカをとても深く信じていました。それで、私は彼女と、今夜この瞬間への道を開いた私たちの国の歴史を通しての黒人女性、アジア人、白人、ラティーナ、そしてネイティブアメリカンの女性の世代について考えています。すべての人の平等と自由と正義のために多くの戦いと犠牲を払った女性。黒人女性はしばしば見過ごされがちですが、彼らが私たちの民主主義のバックボーンであることを証明することがよくあります。
 1世紀以上にわたって投票権の確保と保護に取り組んできたすべての女性:100年前の修正憲法19条、55年前の投票権法、そして今では2020年に、新世代の女性が投票を行い、基本的な投票権と聴聞を受ける権利のために戦いを続けた国。今夜、私は彼女らの闘争、彼女らの決意、そして彼女らのビジョンの強さを振り返ります。私は彼らの肩に立っています。ジョーは、私たちの国に存在する最も重要な障壁の1つを打ち破り、女性を副大統領に選ぶという大胆さを持っていました。
 私はこのオフィスで最初の女性かもしれませんが、私は最後ではありません。なぜなら、今夜見ているすべての小さな女の子は、これが可能性の国であると考えているからです。そして、あなたの性別に関係なく、私たちの国の子供たちに、私たちの国はあなたに明確なメッセージを送りました。野心を持って夢を見て、確信を持ってリードしてください。私たちは道のあらゆる段階であなたを称賛することを知っています。
 そしてアメリカの人々へ:あなたが誰に投票したとしても、私はジョーがオバマ大統領にしたように副大統領になるよう努めます。忠実で、正直で、準備ができていて、あなたとあなたの家族のことを考えて毎日目を覚まします。今が本当の仕事が始まる時だからです。大変な作業です。必要な作業。命を救い、このパンデミックに打ち勝つために不可欠な仕事。働く人々のために働くように私たちの経済を再建すること。私たちの司法制度と社会における制度的人種差別を根絶すること。気候危機と戦うため。私たちの国を団結させ、私たちの国の魂を癒すために。
 これからの道は容易ではありません。しかし、アメリカは準備ができています。ジョーと私もそうです。私たちは私たちの中で最高を代表する大統領を選出しました。世界が尊敬し、私たちの子供たちが尊敬するリーダー。私たちの軍隊を尊重し、私たちの国を安全に保つ最高司令官。そして、すべてのアメリカ人のための大統領。アメリカ合衆国の大統領選挙であるジョー・バイデンを紹介することは私の大きな名誉です。


 モディ首相は「誇るべきこと」とインド系のハリス氏を祝福。バイデン氏に向けて「副大統領としてインドと米国の関係を強化してきたあなたの貢献は偉大なものだった。再び共に仕事ができることを楽しみにしている」とツイート。バイデン氏と自身が顔を寄せるように話している姿の写真も投稿。インド出身の母を持つ副大統領候補のカマラ・ハリス氏に対して「すべてのインド系米国人にとって誇るべきことだ」と祝福。「あなたの協力と指導力によって、印米関係がさらに強くなることを確信している」。

 茂木外相は「日米関係さらに推進」とツイッターで発信。「世界が直面する課題を乗り越えるため、緊密に連携していくことを楽しみにしています」。
 女性、黒人でインド系米国人の米副大統領誕生と初めての経験は民主党にとってアジア系有権者の支持を固める方策になる可能性がある。ユダヤ人の夫のダグラス・エムホフ氏も大統領か副大統領の配偶者がユダヤ人の初めてのケース。ハリス氏はクリスチャンだが、母とヒンドゥー教の寺院にも赴いた。

 米国のインド大使タランジット・シン・サンドゥは、民主党の議員との会合を開いている。サンドゥ大使はまた、連邦議会黒人幹部会にも関与している。アフリカ系アメリカ人の議会メンバーのこのグループには、カマラ・ハリスが含まれていた。

 過去にオバマ政権の一部であったインド出身の2人の重要な男性、Vivek H MurthyとRaj Shah。マーシーはバイデンのキャンペーンで重要な役割を果たした。2014年にオバマの政権の最年少の軍医総監。ラジブ・ラジ・シャーもオバマ政権で重要な役割を果たした研究、教育、経済学の次官、および米国農務省の主任科学者を務めた。2015年まで米国国際開発庁(USAID)の管理者を務めた。7月に下院外交委員長のエリオットエンゲルに会い、彼はエンゲルが「インドと米国の関係の強力な支持者である」とツイートした。特に医学とワクチンの分野での戦略的パートナーシップと科学的コラボレーションについて話し合い、さらに多様化するための手段について話し合った」。アジアの小委員会の議長であったインド系アメリカ人の民主党員アミ・ベラでに会い、会議後、「インドの積極的なCOVIDアプローチと、健康、科学、サプライチェーンにおける米印パートナーシップの強化に関する見解を共有した」とツイート。
 インド出身の民主党候補プラミラ・ジェイパルは議会で再選。昨年の米国訪問中に外務大臣Sジャイシャンカールが国会議員のグループに会うことを拒否。ジェイパルは、第370条の廃止問題でカシミールの制限を解除するようインドに求める決議を導入した。ジャイシャンカールは厳しい姿勢で「私はその決議を知っています。J&Kの状況を公正に理解したり、インド政府が行っていることを公正に特徴付けたりすることはできないと思います。彼女に会うことに興味はない」。
 バーニー・サンダースとエリザベス・ウォーレンはジャヤパルを支持。上院議員のカマラ・ハリスもそうだった。ハリスはまた、カシミールの状況を注意深く見守っていると述べた。これに続いて、市民権改正法も民主党から鋭い反応を受けた。民主党の大統領候補との関わりはそれほど容易ではないだろうというメッセージをインド政府に送った。
 さらに、昨年ヒューストンで開催されたハウディ・モディのイベントでのモディ首相のスローガン「アブキ・バール、トランプ・サーカー」は、民主党の候補者が大統領選に勝利した場合、インドに問題を引き起こす可能性があると批判された。アメリカ合衆国との関係は、共和党と民主党のどちらでもなくずっと超党派だった。トランプのためのモディの積極的な歓迎キャンペーンは、主権国家と民主主義の上からインドとアメリカの双方にとって打撃となる。しかし、Covid-19のパンデミック、反中国感情、実効支配線LACでの現在の緊張が状況を変えた。
 トランプ政権はインドへの支持を示した。政権交代の場合にこれが残るかどうか。バイデンは、インドと協力して、インドが自国の地域や国境に沿って直面する脅威に立ち向かうと述べた。貿易を拡大し、気候変動のような課題に一緒に取り組むことを約束した。
トランプがナッシュビルで大統領討論でインドの空気を「不潔」と呼んだとき、バイデンはツイートした。「それはあなたが友人について話す方法ではなく、気候変動のような地球規模の課題を解決する方法でもありません。」
 インド政府がバイデン政権と良好な協力関係を築くことができるのか。2016年にトランプが大統領に選出されたとき、外務大臣のSジャイシャンカールの動きは早かった。今回はどうなるのか。

 新政権は人権よりも環境ビジネスの方で相性がいいのかもしれない。

 続きはこちら
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください