【インドの州】1:アンドラプラデシュ州

アーンドラ・プラデーシュ州。州都はハイデラバード。公用語はテルグ語、ウルドゥー語。ハイデラバードを含むテランガーナ地域が分割され移行措置としてテランガーナ州の州都となったハイデラバードに2024年までは引き続きアーンドラ・プラデーシュ州庁舎を据え置き以降は州内のアマラーヴァティーへ州都を移転する予定。『ラーマーヤナ』、『マハーバーラタ』などのインド叙事詩の中に名を見出すことができる。1000年、カーカティーヤ朝が成立。1336年にヴィジャヤナガル王国。1948年9月13日のポロ作戦でインドに併合。ゴーダーヴァリ川・クリシュナ川という二つの大河川が州内を流れる。乾期は温度が上昇し熱中症による死者が発生する。2015年は熱波でテランガーナ州と合わせて1,800人以上の死者。農業が盛んな地域。米、煙草、綿花、唐辛子、サトウキビ。植物油生産用にヒマワリやピーナッツ。製薬の中心地でインド10大企業の半数がある。ハイデラバードはインド第五の都市。「ブルーチップ革命」で「サイデラーバードゥ」(Cyber + Hyderabad) とも。鉱物資源はインド第2、石灰岩は300億トンを産出。石炭も豊富。水力発電はインド第一位。
 ウィプロを取材した。ビリヤニも美味だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください